続きを読む

記者が教える広報PRの方法

元読売新聞記者・電通PR メディアの専門家 坂本宗之祐

新聞テレビの取材を引き寄せる書き方・特別音声セミナー(1時間)プレゼント


0519宣伝会議1

こんにちは、坂本宗之祐と申します。読売新聞記者を11年務め、現在メディアコンサルタントとして「日本に良いニュースを増やしたい」と願い、活動しています。

今回、特別に新聞テレビに取り上げられる秘密を明かした1時間のセミナーを無料でプレゼントします。

これまで、数多くの経営者の方々のメディア発信をお手伝いし、NHKなどのテレビ局や朝日、読売、毎日といった全国紙から次々と取材を受けています。

マスコミ取材

取材

 

坂本の無料講座には、多数のご感想をいただいています。

坂本さんの無料メール講座と、ブログを参考にして、プレスリリースを出してみました。

一度目は8月、オープンのお知らせを。読売新聞の地域版で告知を掲載いただくことができました。

そして二度目は先日。すると、小規模発行の地域新聞ですが2社も取材の申し入れをいただきました。

不思議なもので、プレスリリースって、一番最初に書くのがいちばん大仕事でしたが、一枚出してしまえばあとは意外に何枚もかけてしまうものですね。

勇気を出して、書いてみてよかったです。 坂本さんに出会えて感謝です。ありがとうございました!

 

その他、数え切れないほどのご感想をいただいています。

「マスコミに取材される裏側がぎっしり入って超お得」

「私の仕事人生に 変化のきっかけを頂いた気がしています」

「起業準備中ですが、衝撃的な内容でした

「驚きと共に非常に役立ちました」

「マスコミへの常識や考えが緩和されました」

「記者アプローチの流れ、素人の私でも理解できました」

「横浜で64000部のニュースに掲載されました」

「自分の行動イメージを得られ、癒され、勇気をもらえた」

「テレビに出る!目標、やる事が見えて、ヤル気がでた」

 

 この特別セミナーでは、

多くの人や会社が取材されない理由

それを克服する具体的な方法

メディアに好かれる、具体的な書き方(5つの流れ)

取材が来る書き方のひな形(テンプレート)

メディア評価が大幅に高まる4つの戦略

超重要なタイトルのつけ方のポイント

ウェブで発信する文章のコツ

 

などを、具体的にわかりやすく説明しています。

fullsizeoutput_6e4僕はメディアの中でもとりわけ、新聞とテレビの報道に愛着を持っています。

新聞・テレビの記者たちは日夜、命をすり減らしながら駆けずり回り、歯を食いしばって頑張っています。

なぜなら、僕もそうでしたが、彼らは「世の皆さんに良い情報をお届けしたい」という志を持っているからです。

そんな彼らに、あなたの手から「本当に大切な情報」を届けてあげてください。

彼らは、あなたの存在をまだ知らないのです。

あなたの存在と、その価値を正しく知らせることができれば、メディアの記者たちがあなたの元にやってきます。

ぜひ、あなたの存在を多くの人に知らせ、今よりもっと大きな舞台で活躍してください。

下記のフォームにご入力ください。折り返し、無料で特別セミナーをお届けいたします。

(もし受信トレイに来ない場合は、迷惑フォルダなどをご確認ください) 


「新聞テレビ取材を引き寄せる書き方」無料特別音声セミナー
お名前(名字)
メールアドレス

あなたの大きな飛躍を心からお祈りしています!