続きを読む

記者が教える広報PRの方法

元読売新聞記者・電通PR メディアの専門家 坂本宗之祐

本当のメディア戦略とは何か?─小手先の“戦術”とは次元が違います


 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-09-9-16-19

坂本宗之祐です。

今日は、僕が考える本当のメディア戦略について、お話ししますね。

マスメディアに取り上げてもらうことに関しては、多くのPR専門家は、小手先の「戦術」の話ばかりしているのです。

例えばプレスリリースという方法があります。

「プレスリリースをどのように書けば取材されやすいか?」という話は、戦術レベルの話です。

また、Facebookの使い方とか、ツイッターの使い方とかありますが、そういうのもただの戦術です。

では「戦略」とは何か?というと、物事を始めるに先立っての全体像、グランドデザインを描くことだと思うんですね。

 

例えば、あなたが世の中に広めたい何かの情報があるとします。

その際、「広めたい!」という願望ばかり先立って、根本的に大切なことを見失っているケースが往々としてあるのです。

大切なこととは、「何のために、その情報を広げたいのか?」ということです。

多くの会社さんが、目先の売り上げアップに気を取られるあまり、この

「何のために情報を広めるのか?」

がすっぽり抜け落ちているのです。

「そんなの決まってるだろ!売り上げを増やすためだよ」という声が聞こえてきそうです。

しかしです。それじゃなんで売り上げを増やさないといけないのですか?

すると、多くのビジネスマンが言葉を失います。

売上を高めることは当たり前で、そんなことを考える意思も余裕もないのです。

稼ぐために働く。

そこには自分の根源的なあり方を見つめる姿勢が欠落しており、思考停止しているのです。

何のためにその情報を広めるのか?

この根源的な問いに対する答えをきちんと捉えるところから、メディア戦略は始まります。

これがなければ、いくらあなたが小手先で一時的にうまくメディアに乗っていったとしても、長期的にはまず持続しません。

お金レベルという低次にとどまらない、もう一歩、高次の動機があってこそ・・・

マスメディアの記者やディレクターたちをあなたの味方にすることができます。

 

多くの人が「PR」の意味を誤解している

PR、という言葉を、多くの人が誤解しています。ただ単なるアピール行動のことじゃないんですよ。

これは何の略か?というと、パブリック・リレーションズ、

つまり「公共との間で、より良い関係を築くこと」です。

PRには、公共性、社会性が必要なんです。

でも、日本におけるこの「PR」という言葉の一般的な認知が上記の通りなので、僕はあまりこの言葉が好きじゃありません。

本来の意味はとても素敵だと思います。世の中をよりよくするための情報発信の活動ですよ。

話を戻しますと、メディア戦略の第一歩とはとどのつまり、マスメディア記者らが共感・共鳴するような・・・

大いなるビジョン、目的意識を一番最初に明らかにしておくことなのです。

 

どうせやるなら、本物を目指しましょう

これがないまま、「どのメディアからどのように情報を展開させるか?!」なんて頭をひねっても、本物として伸びませんよ。

根っこがない草は成長しませんよね?

優れたマスコミ記者やディレクターほど、この根っこをきっちり見抜きますよ。

どうせやるなら、本物を目指しましょうよ。

「うちにはそんな立派なビジョンや理念などない」とがっかりしないでください。

必ず、奥底にあるのです。無意識レベルに存在しているものの、それを言語化できていないだけ。

そういうケースをたくさん見てきました。

僕は記者時代から、こうした人の心の奥底に眠る無意識下の動機を掘り起こし、言語化する作業をやってきました。

自らの無意識の思いに、ほとんどの人は気づいていません。

自分では何気なくやっている行動でも、その根っこにはきちんと理由や目指すところが何かしらあるものです。

どんな人や会社にも、無意識化には非言語の思いやイメージが渦巻いています。

それを引き出し、言語化する。これは訓練すれば誰でも鍛えることができます。

 

頭の中にある非言語のイメージを、言語化しよう!

僕は記者になってしばらく、とにかく語いが乏しかったので、原稿を書くときに苦しくて、悶絶していたのを昨日のように思い出します。

「こういう感じのことを表現したいんだけど、言葉が出てこないよーーー!!」という悶絶。

これは辛かったです。

「私には何もない」「うちの会社には何もない」そういう方は多いです。

でもそれは違う、と100パーセント断言できます。

非言語情報を言語化できていない、ということなんです。

何もないのではなくて、「まだ言葉になっていないだけ」、なんです。

初めに言葉ありき

この言葉は聖書の有名な一節です。すべての創造は、神の言葉から始まりました。

言葉はすなわち神です。言葉をつむぐあなたこそ神であり、すべての創造はあなたの言葉から始まります。

あなたの根っこに眠る、まだ言葉になってない想いを言語化してください!

そこからメディア戦略がやっとスタートします。

応援していますね!

 

 

・最短距離でブランディングし、広告費を10分の1にするプレスリリースの方法

→詳しくはこちら

 
 
 
 

手紙を書いてマスコミにPRする方法(自由国民社)