続きを読む

記者が教える広報PRの方法

元読売・電通PR メディア戦略No.1専門家 坂本宗之祐

広報アイデア、企画、新規事業、商品・サービスを次々と生み出す必殺技


広報をやっていると、「結局は企画アイデア次第だな」と感じることでしょう。

「でも広報ネタなんてなかなか出せないよ…」という方がほとんどです。あなただけではないので心配しないでくださいね。

そこで、広報に悩める方のために、アイデアを生み出す必殺技をこの記事では紹介していきます。

この手法は、ヒットする新規事業、商品・サービスを生み出すためにも使える方法です。

広報ネタを次々と生み出す必殺「広報アイデアシート」

スクリーンショット 2018-01-11 18.02.15

このシートを使うと、どんどんアイデアを生み出しやすくなります。

見た目は極めてシンプルですが、効果は絶大です。ぜひご活用ください。

上記をご覧ください。3つのエリアに分かれます。左から「1 わが社のこと」「2 広報アイデア」「3 世の中の動き」です。

このシートの使い方を順を追って説明していきます。

 

(1)わが社のネタを書き出す

まず、あなたの会社・事業についての要素を(1)に一気に書き出していってください。

スクリーンショット 2018-01-11 18.02.15 2

「プレスリリースのネタになるかどうか」なんてこの段階では考える必要はありません。ただひたすら書き出していくのです。

商品・サービス、事業のテーマ、経営者の経歴・強み、地域、思いつくことはなんでも書き出していきます。

例えば、私の場合、

・元新聞記者
・株式会社メディア戦略
・プレスリリース
・広報
・ブログ、メルマガ
・出版
・ライティング
・SEO
・ラグビー
・健康オタク

などを書き出してみました。

 

(2)世の中の動き(ニュース)を書き出す

(1)でわが社のことについて、たくさんアウトプットできましたか?

では次に進みます。

一番右側の項目「世の中の動き」をどんどん埋めていきます。

スクリーンショット 2018-01-11 18.02.15

ここを埋める際は、今の世の中の「ニュース」を見ながら、書き出していってください。

新聞、あるいは「Yahoo!ニュース」でも良いです。そこで目についたものを片っ端からから書き出していくのです。

私は、先日の新聞を見ながら、

・平昌五輪
・成人式
・はれのひ
・高校野球タイブレーク
・大震災の備蓄
・犬型ロボ・AIBO

などを書き出しました(実際はもっと書き出してくださいね)

 

(3)広報アイデア案を出す

さて、これで左右の項目が埋まりました。

ここからいよいよアイデア出しに入ります。

左側の「わが社」と、右側の「世の中の動き」を結びつけるアイデアを出していくのです。

スクリーンショット 2018-01-11 18.14.57

「左側と、右側を結び付けられるアイデアはないかな?」と考えてみるのです。

どうしてこういうことをやる必要があるのか?

世の中との関わりのないネタは、広報ネタとしてほとんど価値がないからです。

逆に、世の中とあなたの会社の交わるところにニュースが生まれます。

だから、あなたの会社とニュースを結びつけることを、このシートで一覧しながら考えるのです。

 

広報アイデアの例

例をお見せしましょう。先ほどの私の例です。

スクリーンショット 2018-01-11 10.38.54

(1)と(2)を見ながら考えてみました。

あっ、広報ネタを考えるときは、「遊び心」が大切です。「こうしたら面白いんじゃないかな?」などと考えながら、楽しみながらやってくださいね。

さて、私の仕事の場合、「ライティング」という要素があります。

これと一見、なんら関係なさそうな「高校野球のタイブレーク制導入」を結び付けられないか?考えました。

世の中では、高校生のスポーツマンの過度な身体負担を軽減しようという流れがあるわけです。

そこで、広報ネタとして

「弊社では、ライターの肘を守るため、“タイピング回数制限”を導入いたします」

というアイデアを出しました。

次に、「大震災に備えた食料の備蓄」についてのニュース記事がありました。

これをわが社に当てはめて、

「大震災に備えて、御社の文章を“備蓄”するサービスを開始します」

というアイデアを出しました。

これを実際にプレスリリースするかどうかはともかく、このように頭を柔らかくして考えるといいですよ。

 

広報アイデアシートの効果

このシートが良いのは、あなたの会社の要素と、世の中の動きを一覧して目にすることができる、という点です。

何も見ずに考えては、慣れた人でもない限り、ユニークな考えはまず生まれません。

ですので、このシートはあなたの頭の中を可視化できる効果があります。

漠然と会社のことはわかっている、世の中の流れはなんとなくわかっている。

それだけではダメなのです。

だから、このシートでぜひ1枚の紙に書き出してみてください。

そして、このシートでは「ニュースと結びつける」アイデアを出すことができます。

ほとんどのプレスリリースは、この「世の中の動きと結びつける」ことをやっていません。

ただ、自社が宣伝したいことをそのままプレスリリースしているだけなのです。

それでは、メディアが取り上げたいニュースにはまずなりません。

このシートによって、トレンド性のある、ニュース価値の高い広報アイデアが生まれやすくなるのです。

 

ニュースの方程式

ニュースの方程式は、次の公式で成り立ちます。

御社の特異性 × 社会の動き = ニュース

 

ほとんどのプレスリリースは、「自社の特異性」ばかりを打ち出しています。

でもそれでは、右側の「社会の動き」がゼロなので、ニュースにならないのです。

あなた会社と、世の中の交わるところで、ニュースは生まれます。

だから、企画づくりの際は、必ず「社会の動き」と絡めて考えてください。

社会との関わりのない情報発信は、単なる売り込みにしか過ぎません。

 

広報アイデアシートのダウンロードはこちら

この「広報アイデアシート」を使って、あなたもぜひアイデアをどんどん生み出していってください(画像クリックでダウンロードできます)。

スクリーンショット 2018-01-11 18.02.15

 

無料ダウンロード(期間限定)

「国内メディアリスト(新聞社・テレビ局・雑誌)(計803)

 media-list-imageこのリストでは

・全国のテレビ局(185)
・全国の新聞社(135)
・雑誌(209)
・ラジオ局、CATVなど(274)

これらの媒体名、所在地をエクセルで一覧にまとめています。

ぜひ御社の広報PR活動にお役立てください。 

 

4

無料電子ブック

新聞テレビWEBに連鎖させ、売り上げを倍増させる広報PRの全手法」
(全43ページ)

スクリーンショット 2017-03-03 15.35.54
世の中に情報を広める広報PRのやり方について調べているけれども、「どうしたら良いのか分からない」と悩んでいませんか?

この冊子では、

・マスメディアに登場する圧倒的メリット
・ジャーナリズム広報とは何か?
・自らのニュース価値(強み・特徴)を掘り起こす方法
・記者が取材したくなる4つの切り口

など、正しい広報PRの効果と、具体的な取り組み方を43ページにわたって詳しく説明しています。

ぜひ御社の広報PR活動にお役立てください。

4