続きを読む

打って出る企業のための広報PRの方法

世界最大メディア・実績No. 1 コンサルタント 坂本宗之祐

メディアを活用して、業界内で圧倒的存在になる方法


坂本宗之祐です。

ニュースとは、一言で言えば「新しいこと、珍しいこと」です。

なので、あなたがマスコミ取材を呼びたいのなら、今の世の中にはない「新しいこと、珍しいこと」が必要になります。

しかし、「ニュースを作ろう」とすると、多くの方が勘違いすることがあります。

ライバルばかり意識して、業界の中で珍しいことをやろうとするのです。

ところが、業界内で珍しいことをしても、マスコミにとっては基本的にニュース性はありません。よって取り上げません。

なぜなら、「あなたの業界の常識」自体を、マスコミも世間も知らないからです。

例えば、僕が自分のラグビーチームで「どのチームもやっていない戦術を導入しました!」とします。

世の中の多くの人はラグビーの常識を知りません。それがすごいかどうか、あなたもきっと分かりませんよね?

もし驚くとしたら、ラグビーの関係者だけです。

これでは、マスコミが報じるニュース価値がありません。良くてせいぜい、業界の専門メディアが取り上げるだけです。

ではニュースを作るには、どうしたらいいか?

意識すべきは、あなたの業界のライバルではありません。

意識すべきは「世の中全体」なのです。

あなたの業界を知らない一般の人々でも理解できるような、「新しさ、珍しさ」のある要素があるかどうか?が分かれ目です。

ラグビーのケースなら、例えば「トライを決めるたびに、途上国の子どもへのワクチンを寄付します」

このように誰でも理解でき、かつ社会性のある企画にすれば、マスコミが報じるニュース価値が出てきます。

あなたの狭い業界にとどまらず、広い社会に視野を広げてアイデアを出していく。

そうすることで、あなたはマスコミに取り上げられ、業界内で圧倒的存在になっていくのです。


取材が来る10日間無料メールセミナー
お名前(名字のみ)
メールアドレス