食いっぱぐれないスキルを身につけたい方、
士業・コンサルタント、経営者・個人事業主の方へ

あなたの市場価値を高める
広報PRスキルを身につけ

仕事の依頼が絶えない存在になる!

広報プロフェッショナル 養成講座説明会 広報プロフェッショナル 養成講座説明会

読売新聞記者と電通PRを経験したメディアのプロが直伝!

お客様から感謝・感動される広報PRスキルを身につけ、
社会への貢献も実現する

説明会に参加して、
引く手あまたの人材になる
カギを手に入れる

正しい広報PRスキルを身につけ、
正しい情報発信を始めた方々が、
次々とビジネスで成果を出しています。

お客様の声

鈴木夏香
リンクアンドサポート株式会社 代表取締役 鈴木夏香さん(東京都)

複数のクライアントさんが
毎日新聞や読売新聞、
中日新聞などから次々と取材!
すごい反響に驚いています。
的確な添削と手厚いサポートで
すごくおすすめです

坂本さんのご経歴とご実績が素晴らしくて前々からお願いをしたいと思いました。メルマガやYouTubeも拝見していてお人柄もすごく信頼できる方だなと思い拝見しておりました。
そのなかで私のクライアントさんが地域ビジネスの方が多くて、何かできることがないか?と思い、プレスリリースがあるということを知り、プレスリリースのたくさんの情報をお届けしている坂本さんにお願いしたいと思い依頼をさせていただきました。

坂本さんから教わるまでは、プレスリリースはハードルが高い…正直よくわからない世界でできるのだろうか?という不安しかなかったです。 ですが、坂本さんのコンサルや講座を受けさせていただき、すごく簡単にできることがわかりました。と同時に添削も的確で、丁寧にわかりやすく教えていただけました。

複数のクライアントさんが毎日新聞・中日新聞・尾張新聞・エフエムとよた、新三河タイムズ、読売新聞、中国新聞、RCCラジオなどから次々と取材を受けることができました。すごい反響に驚いています^^

地域でビジネスをしている方こそプレスリリースは本当におすすめですが、闇雲に出しても意味がなく、坂本さんのように記者ご経験がある方じゃないとその点は絶対難しいと思います。 坂本さんのサポート力も手厚いのですごくおすすめです!

児島悠史
エネルギー関連企業 広報担当 40代女性(東京都)

コロナ禍で会社倒産でも
わずか12日で新しい仕事スタート!
フリーランス広報になり、
会社員時代の収入を軽く超えました

坂本先生にご指導をいただき3年たちましたが、人生もポジティブな変化を遂げられたことを感謝しています。

それまでも企業広報としてのキャリアが10年あり、自分でPRの本や企画関連の本も読んで独学してきましたが、仕事は流れ作業的に現場からきた資料をリリース形式に整えHPで公開するという程度でした。

指導を受けてから、プレスリリースの内容が激変しました。それから、リリースを出して終わりではなく、攻めの広報に変化しました。それまで掲載獲得がなかったTVのニュース番組や、業界トップ紙の掲載ができ、お客様からもニュース見たよと言われたり、社内の盛り上がりを体感しとてもやりがいを感じるようになりました。

記者さんとの関係も変わりました。昔は1度掲載されたらはい終わり的な感じでしたが、記者さんとの間で継続的な協力関係を築くことを学びました。

ポジティブな広報のありかたを学んだことで、安定した企業での広報ではなく、これから伸びていく会社でチャレンジしたいと思うようになり、ベンチャー企業での転職を重ねてキャリアアップも実現できました。

実は21年4月末にコロナ禍で会社が倒産。来週から会社がないと思い知った衝撃はかなりのものでした。ですが、広報のキャリアが評価され、転職活動はスムーズに進み、会社都合解雇からたった12日ですぐに新しい仕事をスタートできました。 今回のことは私に何か特別なスキルがあったというわけではなく、坂本先生に師事したことが大きいと思います。坂本さんから学ぶことを決めた3年前の自分の決定に本当に救われたと思っています。

本質的な報道を教えてもらえたことで、プロとして仕事を受けられるようになりました。

継続して成果を出す広報とは、小手先のテクニックや人脈、ツールなどに頼るのではなく、自社のサービスを社会や時代のニーズにどう合わせていくかが考えられる人だと思います。 私の場合はそれが身につけられたのが坂本先生のおかげで、今、こうして職に困らずに、そして予期せずに会社員時代の収入を軽く超えられました。

明日は何が起きるかわからない時代です。そのことを身をもって知った立場としては、ぜひ人生100年時代を生き抜くスキルとして、坂本先生から学ぶチャンスをつかんでほしいです。

田中多世
神谷コーポレーション湘南株式会社 プロモーション部 ブランディング企画課 田中多世さん(神奈川県)

広報4年の疑問や悩みが解決!
理論だけでなく
具体的で分かりやすい
最初のプレスリリースでテレビ局、
その後も日経MJや大手新聞から取材

4年ほど前から広報を担当しプレスリリースを書き始めましたが、当社は中小企業で注目されるような業界でもありません。プレスリリースを送付しても中々採用にはなりませんでした。本を読んだり、セミナーを受講したりしましたが、その多くは、理論としては理解できても、具体的にどうすればよいのかがわからず、ずっと悩んでいました。

そんな中、書店で手に取った坂本先生のご著書を購読したのがきっかけでメールマガジンを読み、youtubeの動画を視聴するようになったのですが、その内容がとても具体的でわかりやすくかったのです。これなら悩んでいたことが解決できるのではと感じたのが申込んだ一番の理由でした。

2020年11月からご指導を受け始め、作成した1つめのプレスリリースで、テレビ局の取材を受けることができました。

さらにその後のリリースについても日経MJなどのメディアの方から掲載の連絡や問い合わせが増えています。先日は当社のストーリーをある大手新聞社の記者の方にお送りしたところ、早速取材に来て頂きました。

中小企業でも、注目される業界でなくても、やり方次第でメディアに取り上げられるということを実感しています。

継続的に結果を出したいのであれば、ぜひ坂本先生をお勧めします。 第一線で新聞記者をされていたというご経験に基づき、他では教わらないような指導をしていただけます。具体的に何をどうすればよいのかまで教えていただけるので、 すぐ行動できて効果もわかりやすいです。 また、温かい雰囲気でお話されるので安心して相談できます。

児島悠史
株式会社ナイトレインボー 代表取締役 マーケティングコンサルタント 児島悠史さん(三重県)

クライアント様が1ヶ月で
新聞社やYahoo!ニュースなどに
掲載され、売上急増!
ヨガインストラクターの妻も
全国紙や中日新聞で紹介され、
新規お問い合わせ増加

広報PRは独学では難しく、本当に信頼できる専門家を探すことがいかに大事かを痛感していたため、かなり慎重に専門家を探しました。「坂本先生なら信用できそう」と感じ、申し込みました。

受講開始から1ヶ月、私のクライアント様が早々に新聞掲載や取材を獲得しました。あるメーカー様は2回目のリリースで掲載。 中部経済新聞名古屋版、Yahoo!ニュース転載で売り上げが急増しました。

約3ヶ月後には、ヨガインストラクターの私の妻が中日新聞、CTYケーブルNews、毎日新聞で報道。生徒さんが旦那さんから「君のヨガの先生すごいね!新聞に載ってたよ」と驚かれたり、新規お問合せが増えたり、スタッフのモチベーションもUPしました。さらに、 医療関係のクライアント様も2回目のプレスリリースで毎日新聞社会部の記者さんから取材を受けました。

私自身、他の講座などをこれまでいくつも受講してきてつくづく感じているのですが、講座そのものの価値よりも、その後の実践段階で個別にフィードバックやアドバイスを頂けることに一番価値を感じています。 しかも坂本先生はレスがとても早いので本当に助かっています。

ここまでして下さって成果が出ないとしたら、本人の行動量不足か、都内の会社で競争が激しすぎるのか、先生の手法を信じずに勝手に自己流でやっていることが原因なのではないかと思います。プレスリリースなら坂本先生に学ばれることを強くお勧めします。

森谷稔ダニエル
フィットネスアプリ開発会社 広報担当 森谷稔ダニエルさん(東京都)

プレスリリース配信サービスで
取材ゼロだったのが、
開始1ヶ月で朝日新聞など
有名メディアの取材獲得!
中小企業でも大企業に勝てる
PRの仕方を学べた

広報の経験なども無いなか始めた広報活動。最初は今流行りのPRタイムス等を使い、ただ作業のように広報活動を行っていました。しかし、PRタイムス等で取り上げられるのは名の通った有名企業ばかり。創業2年目のベンチャー企業のPRはどのメディアも取り上げてくれませんでした。

そんなときに、藁をもすがる思いで、YouTubeをきっかけに知った坂本さんのコンサルを依頼しました。コンサルでは中小企業でも大企業に勝てるPRの仕方を教えて頂きました。

YouTubeで大まかな内容は把握していたのですが、実際にお会いして聞くアドバイスはYoutubeで見るよりも何倍も為になりました。 実際に坂本さんのコンサルの効果はバツグンで、すぐに新聞と雑誌からの取材を獲得することができました。

なにより、コネなど使わなくても自分で開拓することが出来たことが自分の自信にも繋がりました。

ベンチャーは資金力が限られているため、広告等を使用し大企業並の露出を得ようとすることは非現実的です。しかし広報活動はその限りではなく、工夫次第で可能性は無限大です。 そのため、ベンチャーやまだ規模の小さい会社こそ坂本さんのサービスを使用し広報活動に力を入れるべきだと思います。

小竹一臣
行政書士事務所代表/食育ソングライター 小竹一臣さん(横浜市)

教育家庭新聞社と
米穀業界の全国紙に掲載。
河北新報など地方新聞社にも
受講してから
メディア取材受けやすく!
埋もれた情報を引き出してくれる

独学でプレスリリースなどを学んで実践していましたが、やり方に確信が持てず、独りよがりの広報になってないか?不安を抱えていました。

言葉選びや表現など、記者に響くプレスリリースを学びたいと思い、その中で、坂本さんは経歴、実績とも申し分なく、人柄も信用出来ると思い、講座を受けることにしました。

受講してから、坂本さんのおかげでメディア取材も受け易くなって来ました!教育家庭新聞で私の取り組み・活動をとても丁寧に紹介いただいたほか、商経アドバイス、ラジオ日本、秋田魁新報、河北新報、さらには横浜商工会議所の会報でも取り上げてもらいました。お手紙を出した朝日新聞記者の方からも返事のお電話をいただきました。

また、坂本さんのご紹介で初めて広報代行の業務を受託することができ、良い経験を積むことができています。

坂本さんは、世の中に埋もれている良い情報にスポットを当てて広める意識が高い方です。スポーツマンで、気さくで頼れる方だと思います。

白木賀南子
Freewill 取締役&CMO PRプロデューサー 白木賀南子さん(東京都)

ここまで体系立てて
ノウハウを具体的に
教えてくださる方はいない。
自分では思いつかなかったレベルで
劇的にタイトルや内容も良くなる!

初めてフリーランスでPRの仕事をスタートして、いくつかご契約をいただいているものの、取材を獲得できても次につながらないことが多くありました。私の力不足で知名度が上がらない…そこに私は落ち込んでいました。

坂本さんの講座を受講し、以前よりもお客様のストーリー×社会性・話題性といった組み合わせでアイディアを出してPRネタ作りができるようになりました。私が以前から感じていた「メディアの人が本当にこの情報を喜んでくれるだろうか?」といった不安がなくなり、以前よりも自信を持ってメディアの方にアプローチできるなと感じています。 プレスリリースを添削していただくと、自分では思いつかなかったレベルで劇的にタイトルや内容も良くなるので、そこも大きな魅力だと思います。

いつも細やかなアドバイスをいただける坂本さんなしではここでまでたどりつけませんでした。元読売新聞の記者の方でここまで体系立ててノウハウを教えてくださる方はなかなかいないと思います。その場その場で具体的なアドバイスをいただけるのは非常にありがたいです。メディアPRしたいなら元メディアの人に教わるのがベスト!メディアPRしたい方は絶対オススメです。

anonymous
団体広報 30代女性(東京都)

営業経験0・メディア掲載0から、
読売新聞など
初めてメディア掲載実績を作れた!
HPアクセス数も1.5倍に増えました。

元新聞記者の視点の数々が心に刺さり、申し込みました。プレスリリースのアプローチ先が回を追うごとにより明確になっていきました。結果、営業経験0・メディア掲載0の会社が、初めてメディア掲載実績を作ることができました。

コロナ禍、夏に企画したWEBイベントで、読売新聞をはじめ10媒体から反響がありました。記者の方が、世に発信するポイントがわかるようになってきました。ホームページへのアクセス数も1.5倍に増えました。その後もプレジデント社の雑誌にも掲載されました。

坂本さんのプレスリリース添削はとても勉強になります。毎回の添削に感動します。元記者ならではの視点でYouTubeやブログなどで様々な角度から発信し続けている、メディア側の立場をよく知る広報の専門家です。

anonymous
フリーランスPR 30代女性(東京都)

地方のパン屋さんが
TVと新聞で10回露出し、
翌日30人以上の行列!
メディア連鎖が起き、
東京キー局でも紹介。
広報PRの力が確実についた

フリーランスPRとして仕事をしていますが、より成果を出して、クライアントさんに満足していただけるよう学び続けたいと考え、講座に申し込みました。

それまでは、PRする商品やサービスそのものに独自性や社会性に乏しい時に課題を感じていて、PRの企画力をより養いたいと思っていました。

講座を受け、地方の小さなパン屋さんオープンが地元TVと新聞で10回の露出。次の日には開店時間前に30人以上の行列ができました。3ヶ月たった今も閉店時間前に売り切れるほど繁盛店に。報道連鎖で、東京のTVキー局にも取り上げられました。

インハウスでもフリーランスでも、広報PRとして確実に力をつけたい人におすすめ。一人一人の課題や状況にそって、細かくアドバイスをしてくれます。

鈴木詩織
一般社団法人受験コーチング協会 代表理事 鈴木詩織さん(愛知県)

中日新聞で大々的に取り上げられ、
SNSで大きなブランディングに!
講座仲間も次々と
メディアに取り上げられたのが印象的

出版したくてメディア露出を増やす必要がありましたが、全く露出できていませんでした。広報の仕事は全くやったことがなく、イロハが分からない状態でした。 記者さんらとどう関係を作っていけば良いか、メディア関係の広報の基礎を学べると思い、坂本さんの講座に申し込みました。

受講して、中日新聞の地方版に大々的に取り上げていただきました。SNSで繋がっている方たちへのインパクトは大きく、ブランディングに大きく役立ったと思います。受講期間中に取り上げていただいたことで自信がつきました。

坂本さんはとても丁寧に、親身になってご対応いただけます。一緒に参加されていた方達も、オリジナルの物販商品を作られた方、書籍の著者さん、ミュージシャンさんと様々なジャンルの方がいらっしゃいましたが、皆さん何かしら成果をあげられ、多い方は大手新聞社などに何度も取り上げられていたのが印象的でした。メディアの方と長く良い関係を築きながらビジネスを広げていきたい方に、特にオススメします!

あなたが、「広報PRスキル」を身につけると… あなたが、「広報PRスキル」を身につけると…

  • あなた自身や、顧客(企業・個人)をメディア露出させられる
  • 「成功はあなたのおかげです!」と、大いに感謝される
  • 希少性の高い人材として市場価値が高まる
  • 「ぜひあなたに頼みたい!」と仕事のご依頼が増える
  • AI、ロボット時代が5年後10年後やってきても、仕事に困らない
  • 埋もれた企業や個人の価値を掘り起こすため、尊敬、感謝される
  • 広告のどぎつい宣伝をすることなく、スマートで軽やかに広めていける
  • 世の中に有益な情報を広めることができ、社会貢献できる
  • マスメディア業界に知り合いが増え、自らのステージが上がる
年々高まる広報PRスキルへのニーズ

どんな仕事・業種でも、もはや情報発信なしでは存続できない時代になりました。ウェブサイト、SNS、広告など、そのメディアや手法は多岐に渡ります。

ただ、世に情報が爆発的に増えたことで、数年前からユーザーの意識は変わってきました。広告による売り込み宣伝を嫌悪する人が続出し、広告の費用対効果が大きく落ちているのです。特に2020年に世界を襲った新型コロナの影響で、広告を控える企業が全世界で続出しました。

そこで「広告ではない情報発信をやりたい…」と考える企業や個人事業主が増えています。こうして、コストをかけずに情報を広げていく「広報PR」が、かつてないほど注目を集めているのです。

広報PRなら、広告のような過大なコストをかける必要がなく、しかも人々に喜んで情報を受け取ってもらえます。時代の流れから、今後ますます広報PRスキルの価値が高まるのは確実です。

ところが、広報PRで成果を出せるスキルを持った人材は、極めて少ないのが実情です。高まるニーズに対して、供給が追いついていないのです。

誠実でやる気さえあれば、広報PRはできる

「そんなこと言っても、広報PRって難しいでしょ…」

そう思われるかもしれません。しかし、私の長い経験上、“誠実”で“やる気”さえある方なら、ゼロから学び始めても、成果を出していける、と断言できます。 私がお伝えする広報PRのやり方は、何も特別なものではなく、人間的なコミュニケーションを基礎に置いているからです。

実際、私の指導を受けた多くの方々が、メディア露出を次々と獲得していっています。
つまり、再現性のあるスキルです。

そもそも広報PRの本質は、人間的なコミュニケーション活動です。だからこそ、AIやロボットには代替できないものです。

広報PRでは、文章が得意、話すのが得意、に越したことはありませんが、最も大事なのは「人に対する思いやり」です。 「この情報、思いを人に伝えたい!」という真摯な思いを持ち、メディアの人やユーザーの方々と誠実に向き合えるかどうか?なのです。

今、あなたはこのようなことで
悩んでいませんか?

  • 広報PRをしても、なかなか思った成果が出せない
  • 会社や世の中の変化が急すぎて、将来がとても不安
  • テレワークできるスキルが全くなく、途方に暮れている
  • 自分ならではの強みに自信がない
  • ライバルと差別化できない
  • プロとしてリスペクトしてもらえず、悲しい
  • 安値で買い叩かれ、悔しい
  • どうしたらメディアに取り上げてもらえるのか、分からない
  • 素晴らしい商品サービスがあるのに、良さを知ってもらえない
  • お客様や取引先、同業者から、低く見られている

なぜ、いくら発信しても広まらないのか? なぜ、いくら発信しても広まらないのか?

「広報PRで一気に広めたい」と夢見る人たちは数多くいます。
しかし大半は失敗に終わっています。

その理由の大半は、正しい知識とスキルが不足し、「単なる宣伝」の発信をしているからです。

宣伝は、警戒され嫌われます。“宣伝マインド”が諸悪の根源であり、その刷り込まれたビジネス習慣が、広報PRを失敗に導いていることに今すぐ気付くべきです。

私が提唱する広報PRでは、 ただの宣伝ではなく、世の人の役にたつ情報づくりを重視します。

それを生み出すのが“編集力”と“企画力”です。
これこそ広報PRのベースとなる、今後10年生き残るために必須のスキルです。

これをあなたにインストールすることで、あなたの未来は大きく開けていきます。

広報PRスキルを身につければ
ライフスタイルも自由自在に

広報PRは、時間や場所の自由度が高い活動です。
プレスリリースは自宅でもカフェでもどこでも書けますし、郵送やメール、電話やzoomを使ってメディアの人とやり取りすることも可能です。
情報を扱う仕事だけに、元々テレワークに適しているのです。

つまり、広報PRならあなたのライフスタイルに合わせた働き方ができるということです。

あなたは場所的な制約からも解放されます。
現に私自身、毎月のように各地に出かけ、どこでもネットで仕事をしています。

あなたのライフスタイルすらも一変させる。
その可能性を秘めるのが、広報PRスキルです。

講座の内容を一部紹介 講座の内容を一部紹介

この講座説明会に向いている方 この講座説明会に向いている方

  • 世に伝えたい商品サービスがあるのになかなか知ってもらえず悔しい思いをしている方
  • ビジネス人材としての市場価値を高めたい方
  • ライバルと差別化できる、独自の強みを持ちたい方
  • 広報PRでなかなか成果を出せず、悩んでいる方
  • 人の役に立ち、喜ばれるのが好きな方
  • 将来有望なビジネススキルを身につけたい方
  • メディア人脈を広げ、ステージを上げたい方
  • 真に感謝されるビジネスを展開したい方
  • これまで学んだ広報ノウハウに今一つ納得がいっていない方
  • コツコツ取り組める方
  • AI、ロボット時代が5年後10年後やってきても、自分の腕で稼ぎたい方
  • 世の中に有益な情報を広め、社会貢献したい方

概要

日時
2021年7月17日(土)午後2時~4時【満席】 ※ZOOM開催
2021年7月20日(火)午後2時~4時【満席】 東京会場
2021年7月22日(木・祝)午後2時~4時【満席】 ※ZOOM開催
2021年7月23日(金・祝)午後2時~4時【満席】 ※ZOOM開催
2021年7月26日(月)午後2時~4時【満席】 ※ZOOM開催
2021年7月27日(火)午後2時~4時 ※ZOOM開催
2021年7月28日(水)午後2時~4時 ※ZOOM開催
2021年7月29日(木)午後2時~4時 ※ZOOM開催
場所
・東京都千代田区(お申し込みの方に詳しい場所をお知らせします)
・ZOOM(オンライン)
人数
各回とも6人定員
価格
5,000円(※本講座にお申し込みされた方には返金します)
支払い方法
銀行振込またはクレジットカード(ペイパル)