記者が教える広報PRの方法

広報PR情報No.1サイト 元読売新聞記者 坂本宗之祐

プレミアム・プレスリリース講座(2019年9月東京)


dsc00902_original

プレミアム・プレスリリース講座のお申し込みはこちら

 

小さな会社や個人事業主が、一瞬で世の中に知られ、知名度がアップする。

お客さまの申し込みが殺到、あるいは講師・講演の依頼が次々とやってくる…そんなケースが相次いでいます。

彼らを一気に押し上げたのは、他ならぬ「質の高いプレスリリース」です。

 

私は、記者時代から3万通を超えるプレスリリースを見てきましたが、取材する気が起きないものが大半でした。

「どうしてこんな書き方するのか?」と逆に不思議でした。

そこで、正しい「取材される書き方」をお伝えすることで、多くの方がメディア取材を受けるようになりました。

拙著やメルマガの読者を含めると、2013年以降で優に400件以上の取材ご報告をいただいています。

なぜ取材される方が続出するのか?

それは、私が教えるプレスリリースは、ただの宣伝プレスリリースとは180度異なる「プレミアム・プレスリリース」だからです。

プレスリリース指導を受けた方の声を紹介します。

 

読売、朝日、毎日、埼玉新聞とテレビ埼玉が2回。NHK首都圏ニュース、光文社のVERY8月号に掲載されました

講座を受けた翌日、プレスリリースをメディアにお届けしたら、翌日にNHKから、電話がありました。びっくりしてます(^-^;

坂本さんのおかげです。本当にすぐすぎて、びっくりです!

なんと、東京新聞の記者も来ることになりました。

すぐ動く!は鉄則ですが、なかなか出来るものではないですから、その背中を押してくれたのは坂本さんです

(埼玉県 森田美佐子さん)

 

読売新聞、毎日放送、NHK、テレビ朝日「おはよう朝日です」「ザワつく!金曜日」で紹介

プレスリリース講座を受講して以来、読売新聞を皮切り、毎日放送の「◯◯は大丈夫か」地方情報誌シティライフ、

NHK、最近では朝日放送「おはよう朝日です」などで紹介されました。

受講前はやはり言いたいこと、書きたいことがいっぱいあり的を絞ったつもりでも搾りきれていませんでした。

そこで受講後、的を一つに絞り直してプレスリリースを書き直しました。

講義でおっしゃっていた希少性、季節性、社会性、独自性を大切にしました。

4月のテレビ放送から、約2週間で2571円のぽんずに1200本程のご注文を頂きました。

(大阪府 合同会社ソア代表 川上登さん
) 

 

東海テレビ、福岡朝日放送、福岡放送、熊本テレビから取材されました

おかげ様で坂本さんに指導頂きましたプレスリリースにより、東海テレビ、福岡朝日放送、福岡放送、熊本テレビから取材されました。

以前からブランディング会社やプレスリリースの専門家と呼ばれる方とお仕事をしてきました。

しかし、このような結果を出せるツールに巡り会えたのは、坂本さんが初めてです。

私が一番感心したのがセミナーの時に事前に頂いた、プレスリリースを書くための
フォーマットです。

過去に発信したプレスリリースを見比べてみると、文章の構成。特に、こちらの【想い】
(何のために・・・)を上手に伝える点がかけているのがわかりました。

これはセミナーの中で坂本様がお話ししていた、メディア(記者)側の心情を考えた時に、

公共性、社会性のあるメッセージでないと読んで頂ける相手に響かないという事に、気づかされました。

これは元記者である坂本様ならでは視点です。

私が今までリリースして情報は、こちらの宣伝志向が強く

【なぜ この情報を世間の人に知って頂きたいのか・・・?】が欠けていた事に気づきました。

プレスリリースの中身は、坂本様から頂いた、いきさつ・ストーリー・想い(理念)が、相手に取材してみたいと思わせる内容になっていたからだと思います。

今回取材して頂いたテレビ局担当者は、取材当日プレスリリースのFAXを持参し、そこに大量の◯や線引き。書き込みがされておりました。

それをみて、たぶんテレビ的に放送したいと思わせるキーワードがそこにちりばめられていたのだと、確信が持てました。

次の目標は全国ネットの番組出演。NHKアサイチ。読売新聞取材の3つを目標に行ってまいります。

今後ともよろしくお願いします。

(北海道 講師 男性)

 

新聞紙面の1/4で掲載!大きな仕事やラジオ出演の依頼などが相次ぐように

なんと、紙面の1/4ほどのボリュームで大きく掲載して頂き、自分でもびっくりしています。

あまりにも大きいので、嬉しいやら照れくさいやら(笑)

この日は朝からたくさんの方から「新聞みたよ~」と連絡がありました。

全く見ず知らずの方からも、「感動しました。これからもがんばってください」と励ましのメールを頂きました。こんなこともあるんですね!!

また新聞に掲載された事がきっかけで大きな仕事の依頼や、ラジオ出演の依頼が来たりと、新たなビジネスチャンスも広がりました。

自分では「自分の活動のニュース性」に全く気づいていませんでした。

坂本さんのセミナーで学び、プレスリリースを送るという小さな行動を起こした事がきっかけで、いくつかのメディアに取り上げて頂き、世界が大きく広がった気がします。

(教室講師 女性)

 

ジェイコム取材が決定、読売新聞からも連絡が!アドバイス通り動いたら結果が出ました

明日ジェイコムの取材を受けます!もしかしたら会期中に読売新聞からも取材していただけるかも知れません!

開催直前でしたが、ダメ元で送って、フォローの電話もして…坂本さんのアドバイス通りに動いたら結果が出ました。

本当にありがとうございます。

(東京 店舗経営 女性)

 

中日新聞、毎日新聞、地元メディアに立て続けに掲載

中日新聞・KATCHに続き、毎日新聞にも! 実際に掲載されると嬉しいものですね。

新聞を眺めてニヤニヤしっ放しです!!!

「坂本さんに教えてもらったラブレターの威力ってスゴイなぁ~」

ってあらためて感じています。

(愛知県 税理士法人広報 男性)

 

新聞3面に大きく掲載されて驚き!

新聞の3面に大きく掲載されてビックリです。

坂本様と知り合えたことで、こんなにも素敵な出来事が自分の身に起きるなんて・・・感謝感激です

(北海道 男性)

 

新聞に掲載され、電話が鳴りっぱなしに。お客様からも賞賛の声

新聞に掲載後、電話がすごかったです。

鳴りっぱなしだったのですが、私一人なので、出ることができず。

でも、新聞からブログ検索されて、メルマガに登録してくださったり、

その後、スクールやサロンのサービスに申し込まれたりと、つながっていますよ!

本当に、新聞の掲載は大きいですね。

お客様にも、「すごいねー!ますます人気出るやん!」と言われました^^

次もがんばりますね!本当にありがとうございます。

(兵庫県 健康美容業 女性)

 

朝日新聞に掲載されました。他の3社も載せてくれそうです

ようやく朝日新聞に掲載されました。

市役所広報課に記者が来られる日を確認→アポイント→8/20記者会見→8/21朝刊掲載という感じです。

残り3社さまも載せてくれそうな雰囲気でした。

引き続き、積極的に動きます。

ご指導ありがとうございます。

(千葉県 福祉関連業 男性)

 

NHK、日経が取材に来てくれそうです!

NHK取材入ってくれるそうです!今日かなり粘ってNHKの方とお話することができました。すると、1時間後くらいに、問い合わせ先に取材申込み連絡が!

日本経済新聞さんも興味を持っていただいて取材に来てくれそうです。他にも収穫があります。

坂本さんから 「プレスリリース提出だけでなく、記者さんとお話してみてください」と言われていなかったら、していなかったと思います。

ありがとうございました。

なんだか、まだ実感がわかないのですが・・強い思いは実現するものですね・・坂本さんとの出会いにも感謝です。

(東京 講師 女性)

 

テレビ局の方が3社同時に来てくれたのは ただただびっくりしました。

テレビ局の方が来てくれたのは 今年に入って4回目になるんですが、さすがに3社同時はただただびっくりしました。

6時台のニュースで3局から放送されたようなのですが、参加者の方がすべてみた!と大喜びでした。

参加者の方がお友達にも知らせてくれ、FBなどにもアップしてくれたので、口コミ的な2次的な広がりもあったと思います。

○○アナウンサーの○○さんも来てくださり、後でサインをもらっとけば・・・と後悔しました。

また、NHKさんは お昼のニュース 夕方 夜のニュースと3回ほど流してくれたようです。

(新潟 店舗経営 女性)

 

自分が気づかなかった魅力を発掘してくれました

坂本さんの視点は、自分の商品やサービスなのにこれまで気付かなかった様な魅力を発掘してくれる感じでした。

(東京 女性)

 

とにかく内容が具体的。3万円では安すぎます

とにかく内容が具体的で、プレスリリースの作り方の基本がたった3時間で学べました。

今日の内容も3万円では安すぎます(笑)。

半分過ぎたあたりで、「あーもう元取ってしまった…」と内心思っていました。

(東京 コンサルタント 男性)

 

マスメディアで紹介されることで、あなたは高い社会的信頼とブランドを手に入れることができます。

そして、お店なら「テレビ(新聞)を見ました!」と来店するお客さんが増えます。テレビなら、放送後すぐ、お客様が次々と来店するといった効果があります。

新聞に載ると、ネットにも転載・拡散されることもあり、「細く長く」効果は続きます。

記事が載ってから1か月後、場合によっては「1年後に記事を握りしめてお客さんが来た」というケースはよくあります。

そんなマスメディア取材を呼ぶのが、1、2枚の文書=プレスリリースです。

あなたも、マスメディア記者の心に響くプレミアムなプレスリリースができれば、彼らが取材にやって来ます。

 

「“プレミアム・プレスリリース”作成講座」を開催します。

講師は私、坂本宗之祐が務めます。

fullsizeoutput_6e4 坂本宗之祐(さかもと・そうのすけ)
株式会社メディア戦略・代表取締役 

元読売新聞社会部記者(11年1か月)、元電通PRシニアコンサルタント。Yahoo!ニュースのトピックス記事を多数執筆(月間最大1800万PV)。5年で1200人の経営者・起業家に広報を指導。埼玉県庁、NTT東日本など全国で講演・研修を実施している。

マスコミ広報、ウェブ集客、書籍出版、SEOなど幅広いメディア活用に通じ、法人(株式上場企業、中小ベンチャー)や起業家のコンサルティングに多数関与。自治体など公的団体への研修も行う。継続クライアント社32社(2018年12月現在)。

読売記者時代は北海道から沖縄まで取材。一面トップはじめ多くの記事を執筆。編集局長賞や社会部長賞などを多数受賞。国会議員の政治資金や会計検査院を担当。


2016年4月、著書「手紙を書いてマスコミにPRする方法」(自由国民社)を出版。19年5月に重版決定。

同年5月、(株)宣伝会議主催「企業のための定期勉強会」(広報コース)講師。同年12月1日、日本広報協会主催「広報セミナー」で講演。

慶應義塾大学経済学部卒(体育会ラグビー部所属)。

 

この講座では、坂本があなたにプレミアム・プレスリリースのひな形をご提供します。

この秘密のひな形は、坂本の記者としての経験上、目にとまる確率を大きく高めるノウハウが詰まったものです。

ネット上には公開できないものです。あなたはそのひな形に沿って、スムーズにプレスリリースが書けます。

初めてプレスリリースを書く方も「すんなり書けました」と好評いただいています。

その後、あなたが書かれたプレスリリースに坂本が個別アドバイスを差し上げます。

この講座に参加すると、あなたの活動をプレスリリースではどう書けば良いか?が分かります。

そして、自分のケースだけでなく、他の参加者のプレスリリースと、その改善策を見ることができます

ですので、様々な具体事例から「取材される」ノウハウまで得られるのです。

 

マスメディアに取り上げられれば、次のような効果があります。

・社会的な信用度が120%アップする

・認知が高まり、売り上げが増加する

・既存顧客のロイヤリティが大幅に高まる

・新たな仕事の展望が開ける
 (取引の依頼、販路拡大、出版、コラボなど)

・別のメディアから取材が来る
 (メディアがメディアを呼ぶ連鎖が起きる)

・ブランド価値が高まる。ライバルに差をつけられる

 

このように、プレスリリースはあなたの活動ステージを一気に押し上げる大きな可能性を秘めています。

しかし現状、正しいプレスリリースの書き方を具体的に学べる場は極めて限られています。

しかも、全国のメディア取材現場を知るプロから、記者視点のアドバイスを直に受けられる機会は、ほぼ皆無と言って良いと思います。

プレスリリースの正しい書き方を知り、埋もれたニュース価値を世に放てる方が1人でも増えることを願っています。

 

この講座の受講料は、32,400円(税込)です。

坂本の個別コンサルフィーは、90分で100,000円が基本となっています。

しかし今回の講座では、坂本から個別のアドバイスを受けられるにもかかわらず、その半額以下のお値段です。

 

以下、講座の詳細です。

【東京会場】

日時: 8月 19日(月曜) 13:30開始 16:30終了  満席!

日時: 8月 23日(金曜) 13:30開始 16:30終了  満席!

 

日時: 9月  5日(木曜) 13:30開始 16:30終了 (定員7人)

 

 

【受講料】

32,400円 (銀行振込またはクレジットカード払い)

 

プレミアム・プレスリリース講座のお申し込みはこちら

 

 

 

プレスリリース講座の受講者のご感想を一部ご紹介します。

ーーーーー

 

自分が作成したプレスリリースを直接アドバイスしてくれたのに助かった。

また他の方のプレスリリースの手直しを共有することで、強みの発見の仕方やメディアが欲する内容の切り口がわかりやすかったです。

(匿名、男性)

ーーーーー

他の方のプレスリリースを客観的に見ることで、自分の書いたプレスリリースの問題点が分かりやすくなりました。

地方の方が取材されやすいこと、地域性のあるニュースは取り上げられやすいことなど、今まで知り得なかった情報を知ることができたのもよかったです。

ありがとうございました。

(匿名、女性)

ーーーーー

今日は色々の方のプレスリリースで、深堀の仕方やニュース性のスポットの当て方など、
自分では押し出せない視点が体感でき、とても参考になりました。

ありがとうございました。

(男性)

ーーーーー

新聞のPRのしかた、具体的な方法が分かりました。明日からすぐ取り組みます。

丁寧に具体的に教えてくださり、テンプレート化されていたので、迷わずに記入できました。

また強みが明確になり、自信がつきました。ありがとうございます!参加してよかったです。

(藤井香江さま)

ーーーーー

自分では自分の強みがよく分かりませんでしたが、

引き出していただいて、自身の活動を客観的に見られるようになりました。

(日本水環境事業株式会社 坂口道典さま)

ーーーーー

1コンテンツ1オファーが明確になったことが良かったです。

自分では分からない部分が、ストーリーとして明確になってきたことが良かったです。
ありがとうございます。

(女性)

ーーーーー

・抽象的ではなく具体的に書くこと(数字、固有名詞)
・社会背景は何か?
・記者へのリスペクトが大切

上記3点が印象に残りました。

各人が提出した具体的なプレスリリース案に沿っての添削だったので、具体的でとても分かりやすかったです。

(男性)

ーーーーー

・リリースのひな形にきちんと理由があって、それに納得できたこと
・リリースの写真選びがよくわかったこと
・タイトルの重要性を再確認した。
・明日、記者室に投げ込みします!

(森田美佐子さん)

ーーーーー

坂本様の記者目線の具体的なお話が大変勉強になりました。自らのリリースを振り返り、
気づいた点、アドバイスをいただいたことを生かしたいと思います。

目が開かれたような感覚になりました。
明るい未来がイメージできました。

他の方のリリースからも多くのことを学ぶことができました。
ありがとうございました。

(桑原裕子さま)

ーーーーー

本日は大変お世話になりました。

やはり元記者の実体験や当時のお気持ちを分かりやすく
要点を押さえてご説明いただけたことが大きな収穫です。

また、他の参加者の方の事例を見て、客観的に学べたことも大きな事です。

プレスリリースの書き方は、自分なりに勉強してきましたが、まだまだ奥が深いなというのが実感です。

これからも、今日の講座で学んだことを活かして頑張っていきたいと思います。
ありがとうございました。

(一般社団法人 良縁親の会 脇坂友彦様)

ーーーーー

リアルな皆さんのプレスリリースと、その改善点がお聞きできてとても勉強になりました。

どのような視点を持って書くと効果的であるのか分かりましたが、実践に活かすための方法をさらに学びたいと思いました。

プレスリリースを受け取る側の人のことはなかなか知ることができませんでしたが、その点についてお聞きできて良かったです。

(女性)

ーーーーー

一人一人のリリースへ丁寧にコメント添削していただきました。
また自分以外の方のリリースが大変参考になりました。

今後のリリース作成の参考になることが多かったです。

「広報活動はメディアとのコミュニケーション」という言葉が印象的です。

このコミュニケーションの部分をどう構築していくか、考えたいと思います。

(女性)

ーーーーー

タイトルの一語一句の選択がどれほど重要か、よく分かりました。

これまで一生懸命プレスリリースを書いてきましたが、正解がわからない中で行ってきたので、記者さんの視点でのアドバイスをいただけ大変ありがたかったです。

他の方のリリースを読むことにより、「こうした方が分かりやすいかも」「これ入れた方が良いのに」など、頭で考えることが良いレッスンになりました。

また、すぐ坂本さんのアドバイスを聞けるので、自分の着目点があっているのかどうかすぐ分かり、とても勉強になりました。

どうもありがとうございました。

(女性)

ーーーーー

 

プレミアム・プレスリリース講座のお申し込みはこちら

 

 

 

記者たちは、あなたのプレミアム・プレスリリースを待っています。

あなたの埋れたニュースを掘り起こし、一緒にたくさんの人々に届けていきましょう!

会場で、あなたとお会いできるのを楽しみにしています。

メディア戦略 コンサルタント 坂本宗之祐

 

 

※残念ながら、当日セミナーに来られない方へ。

プレスリリース成功ノウハウを惜しみなく明かします。プレスリリースについて、記者の生の声が聞けるのはここだけです。

下記からご登録ください。

メディア取材が来る10日間メールセミナー(無料)
お名前(名字のみ)
メールアドレス