記者が教える広報PRの方法

広報PR情報No.1サイト 元読売新聞記者 坂本宗之祐

長期安定する“資産メディア”構築セミナー


個人でも法人でも、5年後10年後も安定収益をもたらす“資産”を、ウェブ上に持てます。

僕自身、ゼロから始めて、毎月安定した収益をもたらす資産メディアを複数保有しています。

当ブログは2015年から開始しました。

以来、ほとんど広告を使わずにお仕事のご依頼を多数いただき、多い月には300万円以上の収益を上げています。

こちらが、当ブログの2016年からの推移(Googleアナリティクス)です。

3年で少しずつ増えているのがお分かりいただけると思います。

 

また、2018年から副業的に始めたもう1つのブログからは・・・

毎月、ファーストクラスで東京・ニューヨーク間を往復(約220万円)できるマイルが貯まるようになっています。

ブログの推移はこちら。

資産メディア構築のコツがわかったので、もっと短い期間で成果が出せるようになりました。

その結果、僕のANAマイル口座(2019年1月の一部)では、このようにマイルが貯まってきています。

見えている部分だけでも20万マイル超えです。

(日本ーNY往復ファーストクラスの必要マイル数は15万マイル)

 

どうしてこのようなことが可能になったのか?

それは、僕がウェブ上に資産となるメディアを、意図して育ててきたからです。

 

SNS=流れてしまい「資産」にならない

僕は基本、SNSはやりません。日々投稿して集客をするのはしんどいからです。

その代わり、上記の「資産メディア」があるので、何もしなくても見込みのお客様が集まってきます。

ありがたいことに、ほぼ自動です。しかも広告費はかからず、優良な見込み客を毎月300人近く獲得できています。

この資産メディアができてから、僕自身、本当に心理的ストレスがなくなりました。

この資産があるから、いつでもビジネスの先の見通しが立ちます。

だから、日々の売り上げや収益をあくせくして追い求める負担が激減しました。

これに対して、SNSではいくらがんばって投稿しても、資産にはなりません。

SNSは1回書いたら反応があるかもしれませんが、またゼロに戻って再スタートする。その繰り返しです。

 

新聞記事=ストック(資産)にならない

僕は長く新聞記者をやってきました。たくさんの取材を行い、たくさんの記事を書いてきました。

仕事は楽しく、やりがいにあふれていました。そして責任と誇りを感じていました。

ただ、1度新聞に載った記事は、SNSと同じく、すぐに流れてしまいます。新しい新聞が1日に2回(朝刊と夕刊)発行されるたびに、リセットされます。

記事を書けば、またすぐ次の原稿執筆にかからねばなりません。

それは、終わりのないラットレースのようなものでした。

その時から僕は「自分のメディアを持ちたい」とずっと考えていました。

 

自分だけの「資産メディア」を持つメリット

翻って、今は自分のメディアを持つことができ、本当に幸せだと感じています。

記事を書くたびに、1記事1記事が積み重なる“資産”となります。

その資産が、僕のところに昼も夜も問わず、お客さんを連れてくるのです。

書いてもすぐ消えてしまう新聞記事やSNS投稿とは、根本的に異なるものです。

これは、僕にとって極めて大きなメリットをもたらしました。

自分だけの資産メディアを持つことには、次のようなメリットがあると感じています。

 

①将来不安への心理的ストレスが大幅に減る

将来に対する不安。これはどんな年代の日本人でも抱いていることでしょう。

どんな大企業や官庁に勤めていようとも、絶対安泰ということはありません。

そして、勤め人には必ず定年退職がきます。

しかし、将来に十分な年金がもらえるか?少し調べれば、その可能性は限りなく低いことがわかります。

だから、自分で稼ぐことを現役世代は今のうちから考えることが必須です。

自分の資産メディアを持てば、「仕事をもらう」「給料をもらう」という受け身の立場から脱することができます。

地道に取り組めば、自分でコントロールできる資産をコツコツと築いていけるのです。

 

②新たな活動、価値創造に取り組む余裕ができる

僕は、ある時期から自動で集客ができるようになったため、マーケティング活動に取り組む時間を大幅に減らすことができました。

それ以前は、集客活動に汲々として疲れていました。疲れていると、なかなかクリエイティブな発想も湧きにくいです。

しかし、自分だけの資産メディアが育ってくれたおかげで、僕は自由な時間を生み出すことができるようになりました。

そのため、新たな事業に乗り出したり、海外に頻繁に出かけたりできるようになりました。

その余裕があるゆえに、新たなアイデアのひらめきが次々とわいてくるようになりました。

すべてにおいて、好循環を生み出しています。

 

③広告費を限りなく減らせる

経営者の方なら、事業の継続にかかる色々な負担に頭を悩ませますよね。

まず広告費。「広告を出すのを止めると、うちは干上がってしまいます!」という方は数え切れないほどいます。

しかし、自分だけの資産メディアは、お金がかからずにお客様を連れてきてくれます。

検索エンジン経由で、あなたに興味のあるドンピシャの方が、自動的に集まってくれます。

しかも、広告で集まったお客様とは、質が違います。

あなたの資産メディアの記事を読んで、「ファン」になってくれます。

広告費を減らせるうえ、見込みのお客様がファンになってくれる。このインパクトは大きいです。

 

④人件費がかからない

仮に営業マンを一人雇うだけでも、月に数十万かかります。

しかも、その人が成果を出してくれる保証はどこにもありません。

1人前に育つまでに、かなりの期間がかかる可能性も高いでしょう。

ところが、自分だけの資産メディアは、月々の運営コストはサーバー代などせいぜい数千円しかかかりません。

そして、一言も文句を言うことなく、昼夜を問わず一所懸命に働いてくれるのです。

 

⑤売上をコントロールできる

ウェブ上の資産メディア構築と並行して、「メールマガジン」というもう一つの資産メディアを育てることができます。

すると、こちらから必要な時だけメールでお知らせを流すことができます。

メールマガジンでは、自分のペースでセミナー募集などを行えます。

おかげさまで現在、約4500のメールご登録をいただいています。そして今も毎日10件前後、増加しています。

これだけの濃い見込み客リストがあれば、セールスをゴリゴリやれば、年商1億円は難しくないと思います。

(ただ、僕は売上を上位概念においていないので、そこまでやらないだけです)

たくさんの方にメールご登録をいただくことで、売上を自分でコントロールできるようになりました。

 

⑥自分に合うお客様が集まる

テーマを明確にした自分のメディアを持つことで、その情報を必要とするお客様だけが集まります。

この点が、とにかく数を追うマスメディアと異なります。絶対数は絞られますが、濃いお客様が集まるのです。

そして面白いことに、文章で書き手の考え方を発信していると、書き手に共鳴する人が集まります。

合わない人と無理して付き合う必要がないのです。

 

⑦人に喜ばれ感謝される。社会貢献できる

資産メディアでは、あなただからこそ提供できる情報をストックしていきます。

その結果、あなたの情報を必要とする多くの人から、「ありがとう!」と感謝されます。

どんな方にも、他の人に役立てる情報を何かしら持っています。

資産メディアには経済的なメリットがありますが、人様から感謝されることは何者にも代えがたい尊さがあります。

 

 

初心者でも始めやすい理由

①資産=「記事」= 誰でも書ける

僕は、超アナログ人間でした。ネットの技術的なことは全然わかりません。

「検索エンジン対策(SEO)は、自分には無理」と思い込んでいました。

しかし、

「人の役に立つ記事を書きさえすれば、検索上位に表示される」

ということが、自分でやってみて分かりました。

ウェブに関する専門的な知識は必要ありません。

コツコツと人に喜ばれる記事を書いていけば、Googleに見つけてもらえるのです。

 

 

②むやみに大量アクセス数を追う必要がない

「ブログで稼ぐ」という話は、多くの人がネット上などで語っています。

しかし、その多くが「月間100万PV(ページビュー)」といった大量のアクセスを集めることを語ります。

正直、僕の資産メディアは、そんなに大量のPVはありません。月にせいぜい数万PVです。

世の中には、僕のサイトの十倍以上のPVを集めながら、たいして稼げていない人が数多く存在します。

僕の場合は、むやみにPV数を追うことは考えませんでした。

楽をしたい人間なので(笑)、少ない数で成果を上げることにフォーカスして取り組みました。

言い換えると、「自分がお役に立てる」人にだけ来てもらい、その人の信頼を得る。そこにフォーカスしました。

 

なぜこのセミナーをやるのか?

当初、このブログ「記者が教える広報PRの方法」が、資産メディアに育ちました。

ですが当初は、このブログサイトが成功したのは

「自分にもともとマスメディアの専門的な知識があったからだろう」

と考えていました。

しかし、副業的に始めたブログが半年で大きな成果を出せる資産メディアに育ちました。

それは、僕自身がプロフェッショナルでも何でもなかった分野です。

それも、ライバルがひしめく旅行系のジャンルです。

この2つ目の資産メディア構築を経験してみて・・・

この資産メディア構築には「再現できる法則性がある」と、腹に落ちて理解できました。

僕じゃなくても、資産メディアの構築はできます。再現性の高い法則が分かったのです。

 

再現性のある法則とは何か?

「役に立つ、質の高い情報をウェブ上に出せば、勝手に検索上位に表示される」

ということです。非常にシンプルです。

Googleはウェブユーザーに役立つ情報提供に徹しているからです。

これまでは「資金力」や「権力」を持つ既得権勢力がメディアを支配していました。

ですが、ウェブの世界は、極めて公平で民主的になっているのです。本当に素晴らしい時代になりました。

だから、うそついたりズルしたりしなくても、真面目に取り組む人こそが報われる。

これが、資産メディア構築です。

この素晴らしい資産メディアの作り方をお伝えすることで、埋もれた価値ある情報を多くの人が世に解き放てるのではないか?と考えました。

その結果、ご本人はもちろん、それを必要とするたくさんの方を救えるかもしれない、と思ったのです。

 

このセミナーに向いている方

コツコツ取り組める方

集客や広告費の悩みをゼロにしたい方

副業として自分の資産を作っていきたい方

一生食いっぱぐれない力を身に付けたい方

優良な見込み客を低コストで継続的に集めたい方

グーグルに歓迎されるSEOを実践したい方

価値ある自社サイトを持ちたい方

 

このセミナーに向いていない方

短期間ですぐに利益を上げたい方

コツコツ取り組むことが苦手な方

将来不安がまったくない方

相手の立場に立って考えることが苦手な方

 

 

dsc00902_original

 

資産メディアは、あなたの夢を実現を加速させます。

セミナーでお伝えする資産メディア構築は、あなたの人生を大きく変える可能性を秘めています。

 

セミナーでは、

1 現状のウェブサイト運営の問題点とは?

2 資産メディアが約束する10年後の明るい未来

3 あなただけの資産メディアを構築する9ステップ

 ①テーマ設定
 ②ライバルのリサーチ
 ③コンセプトの決定
 ④キャッシュポイントの設定
 ⑤作成する記事の方針を決める
 ⑥記事の執筆
 ⑦結果の測定(サーチコンソール)
 ⑧記事のリライト
 ⑨メールアドレスの取得(メルマガ)

4 キャッシュポイント(お金を生み出す部分)の作り方

5 検索エンジンで上位表示される書き方テンプレート

6 資産メディアを実際にスタートさせよう!

 

などをお話しします。

 

資産メディアは、仕組みづくりです。最初は少し時間がかかります。

が、一度しくみを作ってしまえば、「その後10年で1億円の価値を生み出せる」としたら悪い話ではないはずです。

 

ーーー

fullsizeoutput_6e4講師の坂本の経歴を紹介します。読売新聞記者11年間で一面トップや社会面に数多くの記事を執筆。

また、電通PRシニアコンサルタントとして複数グローバル企業のメディア対応に携わりました。

また、Yahoo!ニュースに数百本の記事を書き、最大で月間1800万PVを記録しています。

 

資産メディア構築を始めるなら、今がチャンス!

ウェブで検索上位に表示されるルールがわかってから、

「あらゆるジャンルで、上位表示のチャンスがある」

ということを、ひしひしと感じます。

またまだ、この「正しい検索上位表示ルール」を理解し、実践できている人は少ないです。

あらゆるジャンルが、穴だらけです。つまり、質の低いコンテンツだらけなんです。

だからあなたが今から、資産メディア構築に本気で乗り出せば、上位表示を独占することも不可能ではないと思います。

しかし、ウェブの世界は日進月歩です。多くの事業者がウェブメディア強化を進めています。

そして最近は大企業が大資本を投下して、Googleを意識したウェブメディア作成に乗り出しています。

だから、一刻も早くあなたの資産メディアの存在をウェブ上に確立し、ライバルに先行しておくべきだと考えます。

 

では、セミナーの詳細です。

 

【東京会場】

日時: 8月24日(土曜) 午前9:30開始 12:00終了 
場所: 東京都心部 

 

 

ベルサール八重洲

 

・受講料  19,800円

 

長期安定する資産メディア構築セミナーはこちらからお申し込みいただけます。

%e3%81%8a%e7%94%b3%e3%81%97%e8%be%bc%e3%81%bf%e3%83%9b%e3%82%99%e3%82%bf%e3%83%b3 

 

資産メディアを構築し、一緒に世の中に価値ある情報を広めていきましょう!

当日、あなたと会場でお目にかかるのを楽しみにしています。

坂本宗之祐