続きを読む

記者が教える広報PRの方法

広報PR情報No.1サイト 元読売新聞記者 坂本宗之祐

情報拡散!一気に広める方法。SNS×広報PRで最大効果を得る5手順


「たくさんの人に知ってもらいたい!」と思う商品やサービスがありながら、なかなか広まらないと、本当にもどかしく歯がゆいですよね。

情報拡散で最も良いのは、一言で言うと、ツイッターなどのSNSと、マスメディアを一緒に使うやり方です。

なぜなら、テレビで話題になったことはSNSで話題になる。またTwitter等で話題になったことはテレビが取り上げる。

もはや両者は切っても切れない関係にあるからです。

地上戦(SNS)と空中戦(マスコミ)、両方から攻めれば極めて効果が大きいことはご想像がつくでしょう。

そこで、この記事では情報を拡散する方法についてご紹介します。

情報を拡散する5つのステップ

 

①コンテンツを作る

まず、広めたい情報についての「コンテンツ」を作っていきましょう。

「商品サービスそのものがコンテンツだろ?」と思わないでください。

それだと、その情報は「単なる宣伝」にしかならないからです!

マスメディアやネットユーザーから最も嫌われるのが、「宣伝」です。

だから、商品サービスそのものではなく、周辺にある「役に立つ情報」をコンテンツ化していくのです。

そのコンテンツは、ブログ等ウェブ上のオウンドメディアにストックしていくと良いでしょう。

例えば、もしあなたが整体サロンをやっているとします。

「肩こりを解消する方法」「腰痛を改善する方法」など。

このように、あなたの専門性を通じて人の役に立てる情報をコンテンツにして、ブログやYouTubeにストックしていくのです。

 

(注意)“単なる宣伝コンテンツ”は、絶対に避けよう!

もちろんお店に来てもらうのがいちばんの目的です。だからお店を宣伝したくなる気持ちはわかります。

しかし、ここはぐっとこらえてください。

単なる宣伝は質の低いコンテンツにしかならない。だから拡散していく可能性は限りなく低いのです。

だから、質の高いコンテンツを作成する、ということは、情報拡散を図るに当たって、最も重要なことです。

早い話、「まずいラーメンが流行ることはない」ということ。

質の低い情報は、広まりっこない。自然の摂理です。

 

②SNSで発信を始める

コンテンツを作成し、ブログ等にアップしたら次にやることは、それらをSNSに投稿していくことです。

SNSとは主に、Facebook(フェイスブック)やTwitter(ツイッター)です。

最近は、ビジュアル映えする画像が中心のInstagram(インスタグラム)もあります。

もちろん、友だち・フォロワーがいなければ誰にも見てもらえません。そして、ただ待っていても友人・フォロワーは増えません。

ですので、こちらから友人申請したり、フォローしたりして、積極的に交流を図ることで、つながりを増やしていきましょう。

つながりを求めつつ、「質の高いコンテンツ」をSNSで発信してい来ましょう。

すると、「役に立つ情報を出してくれる人だな!」とファンになってくれます。

大事なのは、最初から「拡散」を求めないこと。

あくまで、相手に対して「貢献」する姿勢を先に示すことです。

SNSは信頼性が重要です。信頼関係を構築することを優先させましょう。

発信頻度のめやすですが、

・ツイッター: 1日5ツイート

・フェイスブック:  1日1投稿

というところでしょう。

 

③プレスリリースを作成する

コンテンツを作り、SNSでも流し始めたら、次にやることがプレスリリースです。

プレスリリースとは、テレビ新聞などの報道機関に対して、ニュースをお知らせする文書のことを指します。

これがきっかけで、テレビや新聞の取材を呼ぶことができます。もちろん競争率は高いです。

取材の可能性を高めるカギが、①でも指摘した「情報の質の高さ」です。

昨今、ほとんどのプレスリリースは単なる「宣伝チラシ」ばかりです。

だから、「実際の競争率はそれほど高くない」と個人的には感じています。

質の高い情報だと判断されれば、テレビや新聞は喜んで取り上げてくれます。

しかも、取材であれば広告ではありませんから、「無料」です。

プレスリリースの発信頻度は、企業規模にもよりますが、初心者は最低でも「月1本」を1年間、継続することを目指してください。

 

(参考)プレスリリース大全!作成~配信~戦略まで全20記事まとめ

 

④マスメディア関係者、SNSユーザーとの交流を深める

出所不明な情報は、「ウェブサイト」「紙文書」「メール」「ファクス」どんな手段であれ、そのまま広まりません。

だから、「人と深く関わる」ことが極めて重要性を増しています。

あなたも実際に会ったことがなく、顔の見えない、実態の見えない相手には警戒心を抱きますよね?

新聞テレビ、雑誌であれば、「一度でも会ったことがある人」になることです。すると、あなたへの信頼度が大幅にアップします。

オフライン活動が重要ということです。

 

(参考)メディアリレーションとは?記者から信頼されるために必ず知っておくべき3つのこと

 

「情報が広まらない」と嘆いている人の多くが、オンラインでしか動いていません。

SNS活動でも、出来るだけオフラインで実際に会える機会を持つことがベスト。

そうでなくても、プロフィール欄などで素性を明らかにし、「顔が見える」ようにしておきましょう。

年齢や性別、属性、趣味などのほか、文字通り、運営者の顔写真を出すと良いです。

 

⑤実績をSNS発信する

活動を続けるうちに、様々な実績が出てくるはずです。

・マスメディア露出実績

・お客様の実績

・売上の実績

など。

これらを、どんどんSNS上に出していきましょう!

SNSユーザーは、他者の実績に反応を示します。

どんどん実績を見せれば、「ここはすごい会社なんだな」「すごい人なんだな」と、感じるようになります。

この実績の発信は、極めて重要です。

この実績の発信によって、SNS内におけるあなたのポジションはどんどん上がっていきます。

 

Twitterでリツイートしてもらう12の方法

とはいえ、ツイッターの拡散力には目を見張るものがあります。

実績を積み上げ、フォロワーを増やして行けるに越したことはありません。

以下に、リツイートを増やす方法をご紹介します。

 

①ニュースを速報する

リツイートされた投稿を分類すると、なんとその8割がニュースだそうです。

だから、ニュースを速報すれば、リツイートされる可能性が高いと言えるでしょう。

「情報の速さ」はそれだけで価値があるわけですね。

記者時代も、一刻も早く現場に到着せよ、と言われていました。

 

②プロフィールを充実させる

あなたが信頼に足る人物であること、さらには、ある特定のテーマについて専門性があること、が伝わるようにプロフィールを充実させましょう。

素性のよくわからない人物のツイートは、信頼性が低いです。

「ターゲットに響くか?」という視点で見直してください。

 

③イラストや画像を用いる

ツイートにイラストや画像が含まれると、テキストだけよりも格段に目立ちます。

 

④時間帯を意識する

多くのユーザーが利用している時間帯を狙えば、リツイートの可能性も高められます。

以下の時間帯です。

・朝8時前後

・昼12〜13時

・夜20時〜

 

⑤宣伝しすぎは控える

ツイッターには、役に立つ情報を広める、という文化があります。

だから、宣伝ばかりしているアカウントのツイートは嫌われます。

 

⑥リンクを貼る

もちろん宣伝ではなく、「役に立つ情報」が前提ですが、役に立つリンクが含まれるツイートもリツイートされやすくなります。

 

⑦知的な内容を発信

ツイッターユーザーは、有益な情報を求めています。知識や情報を欲している人たちです。

そして、自分も知的だと思われたい、という潜在欲求があります。

だから、知性を感じさせるツイートは、好んでリツイートされます。

 

⑧相手をリツイートする

自分がしてもらいたいことは、先に自分がやれば良い、という法則があります。

だから、自分がリツイートしてもらいたかったら、先にリツイートしてあげることです。

 

⑨週末に力を入れる

週末にはツイッターを見る人が増える傾向があります。

だから、週末に投稿を増やすのは一つの方法でしょう。

 

⑩インフルエンサーに向けてツイートする

有名人に向けてツイートし、相手の気をひくことができれば、リツイートしてもらえる可能性があります。

インフルエンサー1人のリツイートは、無名の人のリツイート100人分以上に相当することもあるでしょう。

 

11 ツイートを簡素にする

ツイッターで投稿できる文字は140字です。

リツイートする人は、自分のコメントを一言入れてリツイートを行う傾向があります。

だから、140字いっぱいに投稿するのではなく、彼らのコメントが入る余地も開けた上で投稿すると良いでしょう。

 

12 ハッシュタグを入れる

ハッシュタグとは、「#」マークのついたキーワードです。

「#ラグビー」などと投稿することで、検索されやすくなったり、同じキーワードに興味関心のある人とつながりやすくなったりします。

 

 

SNSより広報PRが情報の拡散に向いている理由

1、広報PRは、レバレッジが効く

レバレッジが効くのが、広報PRです。

1枚のプレスリリースによって、もし「NHKおはよう日本」が取り上げてくれたら?

全国で2000万人ほどの人の目に触れることになります。

ここまでの拡散は、ツイッターなどでは不可能です。

数の規模が、一桁も二桁も違います。

 

2、広報PRの方が「狙って掲載実現」しやすい

「狙って掲載実現」しやすいのは、マスメディアPRです。

というのも、マスメディアは業として情報発信を行っているからです。

これに対して、SNSはそれぞれ個人が楽しむツールとして利用しているもの。

だから、その時々の気分で発信・拡散を行うので、法則性を見出すのは難しいのです。

 

(理由1)定期的なニュース枠がある

テレビも新聞も、毎日報道を行っています。

ニュースが多い日もあれば、少ない日もある。それでも毎日その枠を埋めなければなりません。

逆に言えば、枠は常に確保してあります。

その点、ツイッター等のSNSでは、「情報拡散」を確約された枠など存在しないのです。

 

(理由2)採用する情報に法則性がある

新聞テレビといったマスメディアが取り上げる情報には、法則性があります。

例えば、社会性のある話や、目新しさのある情報、絵になるイベント、などです。

だから、彼らが取り上げる法則に沿って計算すれば、取り上げられる可能性を限りなく高めていけます。

つまり、再現性がある。

これに対して、SNSでバズが起きる情報は、計算されたものではない情報が大半です。

ツイッターなどのSNSユーザーは、作為性をあからさまに嫌います。

だから狙ってバズを起こすのは難しい面があります。

 



新聞テレビ露出する10日間PR講座(無料)
お名前
メールアドレス

無料電子ブック

「経営者・個人事業主のための“広告費ゼロ”PR戦略
〜新聞テレビWEBを活用して売上を高める方法〜
(全50ページ)


効果的な情報発信のやり方を調べているけれども、「どうしたら良いのか分からない」と悩んでいませんか?

この冊子では、

・マスメディアに登場する圧倒的メリット
・成功するPR戦略の全体像
・自らのニュース価値(強み・特徴)を掘り起こす方法
・記者が取材したくなる4つの切り口

など、具体的なPRの取り組み等を50ページにわたって詳しく説明しています。

ぜひあなたの情報を広めるためにお役立てください。

無料ダウンロード(期間限定)

「国内メディアリスト(新聞社・テレビ局・雑誌)
(計803)

 media-list-imageこのリストでは

・全国のテレビ局(185)
・全国の新聞社(135)
・雑誌(209)
・ラジオ局、CATVなど(274)

これらの媒体名、所在地をエクセルで一覧にまとめています。

ぜひあなたの情報発信にお役立てください。