続きを読む

記者が教える広報PRの方法

広報PR情報No.1サイト 元読売新聞記者 坂本宗之祐

プレスリリースタイトル7つのコツと実例5つを紹介します


プレスリリースはタイトルがすべて。ここで取材されるかどうか勝負が決まります。

なぜなら、記者は忙しく、短時間で大量のプレスリリースをチェックします。

その際、見るのはタイトルだけだからです。

私も、読売新聞の記者時代から、いい加減なタイトルに苦しめられてきました。

毎日、何十通もチェックするため、一通あたり数秒で判断しないといけない。

・ギラギラした宣伝文句
・フワフワした抽象表現

時間がないのに、こういうのがあると、すごくイライラするんです。

あなたに、そんなプレスリリースを書いてほしくない。

この記事では、タイトルで失敗しないために、プレスリリースタイトルのコツをお伝えしていきます。

プレスリリースタイトルのコツ7つ

①宣伝したいことはいったん忘れる

これが最大のコツと言っても良いかもしれません。

「〇〇しませんか?」などと、消費者向けのお誘い文句を入れていませんか?

読まずに即ゴミ箱です。

あなたが宣伝したいことをそのままプレスリリースに書けば、ほぼボツになります。

なぜなら、新聞テレビといった報道機関は「宣伝はしない」というスタンスだからです。

ただの宣伝は、真っ先に取材対象から外されます。

「宣伝したいなら、広告・CMの部署に行って」ということ。

だからそうならないために、いきなりタイトルで「宣伝」をすべきではないのです。

自社の宣伝をいったん忘れ、自社を客観視して、社会に役立つことをお知らせしよう。

こういう意識でタイトルをつければ、いきなり記者に嫌われるリスクを大幅に減らせます。

 

②事実ベースで書く(釣りタイトルは厳禁)

プレスリリースは、広告チラシとは180度、性質が異なります。

なのに、マーケティング的な手法でつけられたタイトルが非常に多いです。

広告キャッチコピーのような、あざといタイトルを見ると、記者は腹が立つんですよ。

ましてや、本文とずれた釣りタイトルなどは論外です。

新聞テレビの報道記者は、事実ベースでしか物事を判断しません。

「・・・とは?!」みたいに焦らせば、本文を読むと思っていませんか?

読まずに即ゴミ箱です。

「なぜ〇〇なのか?」と問いかければ、本文を読むと思っていませんか?

読まずに即ゴミ箱です。

記者は、ヒマな読み物など求めていません。

ニュースになるネタが欲しいのです。

誰が、何をするんだ?

この疑問にスパッと答える。

だから、事実のみを淡々とタイトルで伝えてください。

 

③社会に絡めて書く

既述の通り、新聞テレビの報道記者は、社会・世の中に関係がある出来事しか取材しません。

特定の企業や個人の話は、「社会性がない」ため、取材対象にならないのです。

だから、あなたが取材されたかったら、「このプレスリリースは社会と関係する話ですよ」と伝えるタイトルをつけるべきです。

 

④数字を入れる

記者は、事実ベースで物事を判断します。

プレスリリースタイトルを見ていて、抽象的でウソっぽく感じることが非常によくあります。

「たくさん」とか、「最高」とか、「圧倒的」とか・・・。

「本当かよ?」って思うんですね。

事実を報道する記者は、ウソや空想っぽく感じる話は、真っ先に取材対象から外します。

だから、そう思われないよう、事実だと感じてもらいたいわけです。

そこで有効なのが「数字」です。

・たくさんの小学生を指導

・10年で1200人の小学生を指導

どちらが、リアリティを感じますか?明らかですよね。

事実をリアルに客観性をもって伝えられるのが「数字」です。

 

⑤固有名詞を入れる

数字と同じく、リアリティを感じさせる有効な手段が、「固有名詞を盛り込むこと」です。

・開催します

・山梨県甲府市で開催します

固有名詞が入れば、読み手は頭でイメージができます。

 

⑥何が?どうなる?を盛り込む

タイトルで意味がわからない原因は、

「何が、どうなる」「誰が、何をする」

このうち、「何が」「誰が」といった主語がすっぽり抜け落ちているから。

こういうケースも多いです。

「詳しくは本文を読んでね」と思っていませんか?

タイトル読んで、概要がわからなかったら、本文を読みません。

主語+術後

これをしっかり盛り込んで、タイトルで概要を伝え切ってください。

 

⑦見た瞬間にわかる(読ませない)

タイトルは、読ませようとしてはいけません。

記者は、「見た瞬間」に判断します。

タイトル部分が、3行や4行に及び、長々とした文章になっているケースがよくあります。

こういうものを見ると、記者は「重たいなぁ」と負担感を覚えます。

後述しますが、主タイトルは30文字以内に納めてください。

見た瞬間に判断できる限度は、これくらいの文字数です。

 

プレスリリース・タイトルの例5つ

上記のコツを取り入れて作られたタイトルが、今のようなものです。

福岡市Iターン夫婦のための・・手作りワークショップ開催
〜子育てが終わった70代夫婦の生きがいづくり〜

 

イクメンパパが悩みを語り合うトークカフェを広島で開催します
〜仕事と家庭の両立、子育て、キャリアの悩みを分かち合おう〜

 

東南アジアで働きたい日本人が現地語を学べるeラーニング4月開始
〜アジア企業とのオンライン面接も。若手人材グローバル化を推進〜

 

増加する運営難のPTAのために保護者参加アドバイスを実施
〜PTA活動7年。大阪市の行政書士が運営支援〜

 

元看護師が作る薬膳茶8種類を飲み比べるイベントを開催
〜運動不足やスマホ首に悩む働き盛り世代を助けたい〜

 

いかがでしょうか?いずれも事実を具体的に伝えつつ、社会性を感じさせる書き方になっています。

 

プレスリリースタイトルの文字数は?

30文字以内が目安です。

・主タイトル30文字以内
・サブタイトル30文字以内

 

「主タイトル」で事実関係を知らせます。

「サブタイトル」で補足説明や、意義を伝えます。

 

ポイント:1行で書ききり、改行しないこと!

主タイトルサブタイトル、いずれも改行せずに配置しましょう。

改行しない理由は、改行された文は「読ませる」ことになるからです。

文字列を追って、目を少し動かす。この動きを記者に強いるとどうなるか?

記者の思考と判断を鈍らせ、興味関心を損なうリスクが格段に高まります。

些細なことに思えるかもしれませんが、結果に影響を及ぼします。

 

プレスリリースのメールタイトルは?

メールの場合、件名です。記者は、メールの件名しか見ません。

件名を見て、すぐに「売り込み宣伝」と分かれば、開封すらせずにゴミ箱にまとめて送ります。

ですので、メールの件名も上記の7つのコツを踏まえて、練りに練ってください。

タイトル表現力をつける方法

タイトル表現力は極めて重要なスキルです。

記者に限らず、一般の方でそもそも文章を読まない人が増えています。

そうした中、いかに短いフレーズで要点を伝え、相手の興味を引きつける書き方ができるかどうか?は、あなたの生き残りに関わります。

文章は長く書くほうがカンタンで、短く書くことはかなり熟練の技術が必要です。

一朝一夕では、この力はつきません。だから、地道にトライアンドエラーを繰り返すしかありません。

その方法として、以下3つがとても参考になります。

①新聞のテレビ欄

②雑誌タイトル

③ウェブサイトのクリックしたタイトル

これらで、自分が思わずクリックあるいは読んでしまったタイトルを、どんどんメモに保存してストックしていくのです。

上記3つは、タイトルを作る当事者が練りに練って作成しています。だから参考になるのです。

お料理は、材料が冷蔵庫にないと作れません。

それと同様、優れたタイトルを作るには、あなたの冷蔵庫に材料をどんどんストックしていってください。

 

まとめ

私は13年間の記者経験で、3万通を超えるプレスリリースを見てきました。

その後、独立してこれまで9年、メールマガジン、ブログで数千本の記事を書き、
クリック率や開封率を測定してきました。

ブログやメルマガは、タイトルで読まれるか?が決まるのでシビアです。

「どんな言葉なら、人はクリックして読んでくれるのか?」

その検証作業を毎日のように積み重ねてきたことで、タイトル表現のコツが身体に染み込んできました。

この力がつけば、それだけでご飯を食べられるといっても過言ではありません。

あなたも毎日、タイトル表現を考えて、読まれるプレスリリースを作成してくださいね。

 

この記事も参考にしてください。

記者に正しく評価されるプレスリリースタイトルのつけ方6つの事例 – 記者が教える広報PRの方法記者に正しく評価されるプレスリリースタイトルのつけ方6つの事例 – 記者が教える広報PRの方法 

 

プレスリリース書き方決定版!プロ記者直伝・初心者向けテンプレート公開 – 記者が教える広報PRの方法プレスリリース書き方決定版!プロ記者直伝・初心者向けテンプレート公開 – 記者が教える広報PRの方法 

 

プレスリリースの全体像についてはこちらご参考ください。

●プレスリリース大全!作成〜配信〜戦略まで全20記事まとめ

 

 

 



新聞テレビ露出する10日間PR講座(無料)
お名前
メールアドレス

 

無料電子ブック

「経営者・個人事業主のための“広告費ゼロ”PR戦略
〜新聞テレビWEBを活用して売上を高める方法〜
(全50ページ)


効果的な情報発信のやり方を調べているけれども、「どうしたら良いのか分からない」と悩んでいませんか?

この冊子では、

・マスメディアに登場する圧倒的メリット
・成功するPR戦略の全体像
・自らのニュース価値(強み・特徴)を掘り起こす方法
・記者が取材したくなる4つの切り口

など、具体的なPRの取り組み等を50ページにわたって詳しく説明しています。

ぜひあなたの情報を広めるためにお役立てください。

無料ダウンロード(期間限定)

「国内メディアリスト(新聞社・テレビ局・雑誌)
(計803)

 media-list-imageこのリストでは

・全国のテレビ局(185)
・全国の新聞社(135)
・雑誌(209)
・ラジオ局、CATVなど(274)

これらの媒体名、所在地をエクセルで一覧にまとめています。

ぜひあなたの情報発信にお役立てください。