続きを読む

記者が教える広報PRの方法

広報PR情報No.1サイト 元読売新聞記者 坂本宗之祐

プレスリリースを送る最適タイミングは?内容や送り先、曜日や時間帯ごとに解説します


プレスリリースは、どのタイミングで送ったら効果的なのか?読んでもらえるのか?

せっかく頑張ってプレスリリースを書いたなら、有利なタイミングでお送りしたいですよね。そのお気持ち、よく分かります。

ただ、記者は365日24時間、仕事をしてるので、読むタイミングは人それぞれです。

だから、「このタイミングで送れば読んでもらえる!」という絶対的な法則はないんです。

とはいえ、少しでも良いタイミングでプレスリリースを送りたい!というあなたのために、

私の記者経験(新聞、ウェブ)から、タイミングについてお伝えしていきます。

絶対ではないので、あくまで目安の参考にしてください。

●プレスリリース「提供方法」ごとの適切なタイミング

まず、プレスリリースの提供方法によって、適切なタイミングというのは変わってきます。

各ケースごとに見ていきましょう。

 

①メール

メールはメディア各社に大量に送られてくるので、僕は新聞記者時代、正直あまり真剣に見ていませんでした。

メールアドレスには大きく分けて2種類あります。自分宛と会社宛。

自分宛のメールはきちんと見ますが、会社宛のメールは大半が売り込み宣伝なので、“まとめて削除”が多いです。

記者がメールをチェックする大まかな時間を、それぞれ大雑把に紹介します。

 

会社のメールアドレス

・午前10時ごろ

・正午前後

・午後5時ごろ

 

記者個人のメールアドレス

・午前9時ごろ

・午後1時ごろ

・午後5時ごろ

 

②ファクス

ファクスは、いまだに新聞社やテレビ局ではよく使われています。

記者にとっては、受信したらすぐ読むことができ、持ち運びや書き込みもできるメリットがあります。

比較的、おすすめの時間帯は

・午前9時

・午後3時

・・・あたりでしょうか。

 

③郵送

郵送は、タイムラグが生じるデメリットがあります。しかし、メールよりもはるかに見てもらいやすいメリットがあります。

郵送のタイミングは、「出せる時に、すぐ出す」に尽きるでしょう。

 

④記者クラブ

持ち込む時間帯でおすすめなのは

・午前10時ごろ

・午後2〜4時

あたりかと思います。

 

●プレスリリース「送り先」ごとの最適な配信タイミング

次に、送り先の媒体ごとのタイミングです。

各社、“締め切り”というものがあります。

締切間際はとても忙しくばたついているので、プレスリリース送付は避けましょう。

その代わり、締切の直後はひと段落しており、「さて次のネタはどうしよう?」と考えるタイミングになります。ここがチャンス。

送るのに良いタイミングは、大雑把に以下の時間帯・時期です。

 

新聞社

 :午後3〜4時ごろ

 

テレビ

 :番組ごとのオンエア6〜7時間前

 

雑誌

 月刊誌 ;発売日から前の4、5日間

 週刊誌 :発売日の前日

 

ウェブニュース

 :随時(決まった締切時間がないから)

 

●プレスリリースの「内容」ごとの出すタイミング

新事業のスタート

 開始の2か月前〜1、2週間前に出して良いでしょう。

 

イベントの開催

 こちらも開始の2か月前〜遅くとも1週間前

 

新商品・サービス

 開始の2か月前〜

 

調査結果

 これは鮮度が命なので、まとまり次第すぐ出しましょう。

 

業績(売上、販売数)の節目

 これも鮮度が命。すぐお知らせしましょう。

 

本の出版

 出版日の1か月前〜でしょうか。 

 

●プレスリリースにおすすめの「曜日」は?

月曜日

 週はじめは記者も何かとバタバタしています。出すとしても夕方の方が良さそうです。

 

火曜〜木曜日

 曜日としておすすめと言えるのは、この3日間でしょう(でも絶対ではありません)。

 

金曜日

 官庁系プレスリリースが増加。また、多くの企業がネガティブな発表をします(翌日から週末で休みなので、クレームを避ける狙いか)。だから金曜日は基本、避けた方が良いです。

 

土曜、日曜

 経済系の記者は企業に合わせて休みます。しかし社会部系や地方支局の記者はいます。届くプレスリリースが激減する一方、記者は余裕があるので、意外と狙い目。

 

 

●プレスリリース配信におすすめの「時間帯」は?

締め切りが月1回しかない雑誌などは、時間帯をそこまで気にする必要はないでしょう。

しかし、毎日締め切りがある新聞・テレビ(あるいはラジオ)は、時間帯を考慮する必要があります。

 

午前9〜10時

 まだ比較的落ち着いている時間帯です。今日のニュース出稿計画を立てています。この時間なら、比較的プレスリリースに目を通す余裕があります。

 

午前11〜12時

 夕刊のある新聞は夕刊の編集作業。テレビは、お昼のニュースに向けて忙しさはピークです。よほど急ぎでない限り、プレスリリースするのは避けた方が無難です。

 

正午〜午後1時

 民放は正午前にニュースは終わります。しかしNHKニュースが正午から始まり、新聞テレビ各社の記者はニュースを見ます。また、新聞は夕刊作業のピーク時間帯です。プレスリリースは避けた方が良い時間帯です。

 

午後1時〜2時

 テレビ新聞の各社は、ひと通り締め切りを乗り越え、ほっとする時間帯です。狙い目とも言えますが、ランチで会社外に出ることも多く、微妙ですね。

 

午後3時〜4時

 ランチも終え、また夕方以降のニュース出稿作業まで時間があります。1日の中で最もプレスリリースを送るのにおすすめの時間帯です。

 

午後5時以降

 テレビなら夕方・夜のニュース。新聞なら翌日朝刊の作業に入り、忙しさが増していきます。その意味では避けた方が良いと言えます。

 ただ、新聞社にとって仕事のピークは午後9〜10時。午後7時8時なら、「まだ早い時間帯」という感覚があります。

 この時間には、多くの企業も時間外となるため、届くプレスリリースがかなり減ります。その意味では穴場の時間帯、と言えるかもしれません。

 

●プレスリリースが採用されやすい「時期」はあるのか?

年末年始

多くの企業が休むこの時期も、新聞テレビの記者は仕事をしています。プレスリリースは激減する一方、記者にはわりと余裕があります。だからこの時期にプレスリリースすると、意外とじっくり読まれることがあります。

 

1〜2月

1月中旬くらいまでお正月ムードでそれに伴うイベント等は続きます。しかし、それ以降2月にかけては世間の動きも鈍くなり、ニュースのネタが少なくなります。だからプレスリリースのチャンスと言えます。

 

3月

年度末、3月の記者はとても慌ただしいです。各種人事や、ルール・制度の変更への対応、さらには自社の人事異動も絡みます。3月中旬以降はプレスリリースを避けたいです。

 

4月

新年度がスタート。新入学や新社会人の話題や、花見などニュースやイベントが増えます。少なくとも4月上旬までは、できればプレスリリースは控えたほうが賢明です。

 

ゴールデンウイーク

企業が休みに入り、プレスリリースは激減します。しかし、年末年始と同じく記者たちは誰かしら出勤しています。記者はわりと余裕があるので、実はプレスリリースがじっくり読まれやすい時期でもあります。

 

5月(GW後)〜7月中旬

気候的に穏やかで、世間も落ち着きを取り戻します。プレスリリースの数は安定的に推移しますが、この時期は特に気にせずに自社のタイミングでプレスリリースすれば良いでしょう。

 

7月下旬〜8月

記者たちも交代で夏休みを取り始めます。また、地方の新聞は、高校野球の報道に多くの紙面が割かれます。つまり、一般ニュースの割合が減り、載りにくくなります。

とはいえ、届くプレスリリース数も減少傾向。お盆時期は記者も余裕があります。出せるタイミングでプレスリリースを出して良いです。

 

9〜11月

気候的に1年で最も過ごしやすく、秋のお祭りなどイベントも多くなります。届くプレスリリース数は安定して推移しますが、大きな事件さえなければ、記者たちは少し余裕があります。出せるタイミングでプレスリリースしましょう。

 

12月

1年で最も忙しい時期の一つです。というのも、記者たちは新年の紙面・番組に向けて、企画や取材に追われるからです。また、年末年始の休みを交代で取るために、穴埋め用の原稿も用意しなければなりません。緊急性の高いニュース性のあるプレスリリース以外は、避けるのが無難です。

 

 

まとめ:タイミングを気にしすぎる必要なし!

色々とプレスリリースのタイミングについて紹介してきました。

とはいえ、最初にもお伝えした通り、「このタイミングがベスト!」という絶対法則はありません。

例えば、記者たちが忙しい午前11時ごろにプレスリリースを送ったとします。

しかし、もしこの発表に“極めて高いニュース価値”があれば、記者は他の仕事をほっぽり出して取材を始めます。

僕も新聞記者時代、数え切れないほどこういうことをしました。

だから、こまごましたタイミングを気にしてもあまり意味がありません。一番大事なのは「ニュース価値」です。

あなたのプレスリリースにニュース価値がありさえすれば、タイミングに関係なく、記者たちは取材してくれます。

だから、ニュース価値を一番に考え抜いて、プレスリリースに取り組んでくださいね!

 

 

無料電子ブック

「経営者・個人事業主のための“広告費ゼロ”PR戦略
〜新聞テレビWEBを活用して売上を高める方法〜
(全50ページ)


効果的な情報発信のやり方を調べているけれども、「どうしたら良いのか分からない」と悩んでいませんか?

この冊子では、

・マスメディアに登場する圧倒的メリット
・成功するPR戦略の全体像
・自らのニュース価値(強み・特徴)を掘り起こす方法
・記者が取材したくなる4つの切り口

など、具体的なPRの取り組み等を50ページにわたって詳しく説明しています。

ぜひあなたの情報を広めるためにお役立てください。

無料ダウンロード(期間限定)

「国内メディアリスト(新聞社・テレビ局・雑誌)
(計803)

 media-list-imageこのリストでは

・全国のテレビ局(185)
・全国の新聞社(135)
・雑誌(209)
・ラジオ局、CATVなど(274)

これらの媒体名、所在地をエクセルで一覧にまとめています。

ぜひあなたの情報発信にお役立てください。